サラ金利用の履歴はいつまで残っているもの?

サラ金でお金を借りるという時、気になるのは周りの目ですよね。それ以外にも、生活費を少し賄うつもりで借りたお金のトラブルのせいで、住宅ローンやマイカーローンなどの重要な借金ができなくなるというのは、とても悲しいですね。そのような借金をした履歴というのは実際どのくらい残っているのものなのでしょうか。

インターネットで調べてみると3か月とか半年とか10年とかいろいろな情報があって混乱してしまいます。ここで簡単に整理してみましょう。金融会社は普通顧客の信用情報をある二つの信用情報機関から得てビジネスをしています。そこにある情報をもとに、借入を申し込んできた顧客が信用のおける相手なのかどうかを見極めるのです。私たちがキャッシングをした履歴はすべてそこにあるということになりますが、すべての情報がいつまでも残っているというわけではありません。

ただ借金をしたというだけの記録は半年間保存されています。これはただの記録ですので、別に後々のローンに影響はないでしょう。延滞が発生した場合はその期間中履歴が残ります。その問題が解消しても二つの期間のうち一つは1年間、もう一つは5年間その情報を保管しています。延滞という融資側にとってマイナスな情報は長く保存され、その保存期間中は新たな借入をするのが難しくなるでしょう。そして、もう一つどちらの情報機関でも5年間保存される情報があります。それは事故情報です。つまり強制解約や自己破産などの最後の手段をとった履歴ということです。もちろんこの期間中も新たな借入は不可能と思ったほうが良いでしょう。

順調なキャッシング履歴なら良いですが、何かトラブルが起こってしまった場合、その履歴はある一定期間残ることになります。よくブラックリストに載ると言われる状態です。新たにローンを組んだりする際は、その期間を考慮に入れておく必要があるでしょう。もちろん、履歴に残るようなトラブルを起こさないように心がけることは大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【借り換えて楽チン!】カードローンを借り換えるならこの会社! All Rights Reserved.